サイコパスの割合

世の中には大多数の人とは異なる思考や行動をとる人がいる。

いわゆる変わり者と呼ばれる人の中には、あまりにも他の人とは違いすぎるサイコパスと呼ばれる人がいる。

サイコパスというのは男性であれば全体の3%で、女性であれば1%が該当すると言われている。

日本全体で考えるとその数はなんと150万人にもなるといわれているのだが、それほどの人がサイコパスだと言われるとはなんだか怖くなってくるなる。

サイコパスという言葉が一般的に使われるようになり、サイコパスは猟奇殺人者というイメージも強いのだがそれはサイコパスの中でもまたさらにごく一部の人であり、決してサイコパスだから猟奇殺人者になるのかといえばそうではない。

サイコパスというのはあくまで大多数の人とは異なる価値観や考え方をする人のことであり、その一面から仕事において大成したり、様々なところで活躍する人も少なくない。

サイコパスだから近づいてはいけない、危険な人だという考え方をしてしまうとそれはとても大きな間違いだといえるのではないだろうか。